ダイエットや筋トレを続ける鉄則は〇〇をつけること!

ダイエットや筋トレを続ける鉄則は〇〇をつけること!

ABOUTこの記事をかいた人

ダイエット成功経験ない方専門の『ウェルネス習慣化コーチ』。スポーツ医科学分野では国内最高偏差値の筑波大学院博士前期課程を修了。クライアントの約8割が3ヶ月で3〜12kgのダイエットに成功し、そのほとんどがリバウンドせず体型をキープ・向上させている。無理のない習慣化の提案で厳しいトレーニングが苦手と諦めていた40代〜50代女性に好評。趣味は読書とカフェ巡り。

詳しいプロフィールはこちら

100年先まで理想の自分でいられる“習慣作り”の専門家

茨城県つくば市のパーソナルトレーナー川谷 響です。

ダイエットや筋トレという、多くの人が一度チャレンジしては挫折しがちな習慣をどう継続していくか?

これには色々な要素が絡んでいます。

  • 職場環境
  • 家庭環境
  • 性格
  • 生活習慣
  • 成功体験etc…

それらをどう変革していくかが、ダイエットや筋トレといったややハードルの高い事柄を習慣にするには重要です。

ですがそれ以前に、一番最初に着手すべきことがあります。

それは、

意志力を鍛えること!

です。

男性
要は気合いと根性で何とかしろってこと?

と思われた方、ちょっと違います。

確かに気合いと根性がまったく必要ないとは言いませんが、そこに頼るのではなく、この意志力を味方につけることで、

あなたのダイエットや筋トレが続けられる確率がぐんと上がります!

今回はダイエットや筋トレを続けるための意志力についてお話します。

音声版もあります!

ダイエットや筋トレを続けるのになぜ意志力が必要か?

まずそもそも意志力とはどういうものかというと、これは自制心自己制御(セルフレギュレーション)という言葉とも置き換えられますが、

要は自分の欲求や我が儘をコントロールし、本来向かうべき方向や行うべき行動に自分を駆り立てる能力

という川谷は考えています。

気合いや根性と一緒にしてしまうと、それらは嫌なことや苦しいことを無理くりやりきるといったことに近いので、

意志力とはだいぶ違う類のものです。

この意志力を強化することが、あらゆる個人の成功に求められる最も重要なキーストーン・ハビットであることが、

あらゆる研究で明らかにされています。

キーストーン・ハビットについてはこちらの記事をご参照ください。

習慣を変える要になる"キーストーン・ハビット"を突き止めろ!

習慣を変える要になる”キーストーン・ハビット”を突き止めろ!

2020年3月9日

意志力が備わっていれば、ダイエットや筋トレといった若干ハードルの高い物事も、歯磨きや髭を剃るといった日常のルーティンと同じように、

無理なく苦労せずに習慣化することができるというわけです!

意志力は消耗するが鍛えられる!

ただ、意志力には弱点があります。

それは、消耗が激しいということです。

ケースウエスタンリザーブ大学の研究者が1990年代に行った実験では、焼き立てのクッキーとラディッシュ(日本でいう二十日大根)を各被験者に割り当て、

片方にはクッキーだけを、もう片方にはラディッシュだけを食べるように指示して別室で観察していました。

その後、それぞれのグループにパズルを解くように指示して(ただ実はそのパズルは解けないようになっている)、

それぞれのグループが何分パズルに取り組むかを調べました。

その結果、クッキーを食べたグループは平均して19分パズルに取り組み、クッキーを我慢してラディッシュを食べていたグループは平均8分と、

クッキーを食べたグループよりも60%取り組む時間が短かったのです。

つまりは、クッキーを我慢することで意志力を消耗させてしまったラディッシュグループは、パズルに取り組むための意志力が残っておらず、

ぶつくさ愚痴を言いながらあまり作業に集中できなかったといことです。

このことから、

意志力は筋力や体力と同じように、使えば使うほど消耗してしまい、残っていない状況では物事を続けるのが難しくなってしまう

ということです。

ただし裏を返せば、筋力や体力はトレーニングを積むことで鍛えられるように、意志力もトレーニングすれば鍛えられるということです!

オーストラリアの研究者が2006年、29人の被験者に対して『金銭管理プログラム』を4ヶ月間実施しました。

内容としては目標の貯蓄額を決め、レストランでの食事や映画といった贅沢や娯楽を控えてもらい、

買ったものを全て細かく記録するよう指示されました(これは実験の半ば強制ですがw)。

その結果、被験者の経済状況が向上しただけでなく、飲酒量やジャンクフードの摂取量、さらには喫煙の頻度が圧倒的に減ったということが報告されました。

つまり、ある一つの習慣を徹底して行い意志力を強化すると、それが他の面における習慣にも影響を及ぼすということが明らかになりました。

ダイエットや筋トレを続けるために意志力を味方につける方法

ここまで、意志力がどういうもので、どうすれば意志力が鍛えられるかについてご説明しました。

では、この意志力を味方につけて、ダイエットや筋トレを続けるためにはどうすればいいでしょうか?

川谷の結論としましては、

意志力をトレーニングで鍛えつつ、普段はなるべく意志力を消耗しないように仕組み化してしまう

です。

どういうことかというと、まず一つの徹底的に取り組める習慣作りに着手します。

それが間食にお菓子を食べないことや、ジムに行ってスクワットをすることなどダイエット・筋トレに関わることならもちろんいいのですが、

それに限らずとも、禁煙や禁酒、資格の勉強や早起きなど別の習慣作りでもいいわけです。

まず一つのことを徹底して毎日続けて、意志力を徐々に強化していきます。

その上で、それらの習慣がなるべく負担にならないように、参入障壁をできるだけ下げて、

例えばジムに行って筋トレする前に家でスクワットを10回だけやるようにするとか、

あるいは他の仕事や家庭での作業をなるべくパターン化してしまうのがオススメです。

なるべく頭を使わないで、ルールを決めて仕組み化してしまうことで、ウエイトの高い習慣に意志力を注げるようにしておくわけです。

習慣の仕組み化については、こちらの記事をご参照ください!

これさえできればOK!ダイエットや筋トレを継続する超学術的なコツ

これさえできればOK!ダイエットや筋トレを継続する超学術的なコツ

2019年12月14日

こうすることで、普段意志力を温存しつつ、いざというときに意志力を発揮できるスタミナを養うことができると考えられます。

まとめ

以上のことをまとめますと、

ダイエットや筋トレを続けるためには、意志力を鍛えることが重要。

ただ意志力は消耗が激しいので、普段はなるべく使いすぎないようにパターンやルールで仕組み化しつつ、

ウエイトの高いダイエットや筋トレに意志力を注げるようにプランニングをする。

です!

是非皆さんも意志力を身につけて、理想のカラダと何でもこなせる習慣を身につけちゃいましょう(^^)

ご質問やご相談のある方は、LINE@からお気軽にメッセージください。

茨城県つくば市のパーソナルトレーナー川谷響のLINE@友達登録バナー

イベントやお得なキャンペーン・ブログでは書けない深イイ情報もお届けしていますので、是非友達になりましょう(^^)

参考文献

ダイエットや筋トレを続ける鉄則は〇〇をつけること!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ダイエット成功経験ない方専門の『ウェルネス習慣化コーチ』。スポーツ医科学分野では国内最高偏差値の筑波大学院博士前期課程を修了。クライアントの約8割が3ヶ月で3〜12kgのダイエットに成功し、そのほとんどがリバウンドせず体型をキープ・向上させている。無理のない習慣化の提案で厳しいトレーニングが苦手と諦めていた40代〜50代女性に好評。趣味は読書とカフェ巡り。

詳しいプロフィールはこちら