【ダメ絶対】ダイエットや筋トレの継続を”モチベーション”に頼るな!

【ダメ絶対】ダイエットや筋トレの継続を"モチベーション"に頼るな!

ABOUTこの記事をかいた人

ダイエット成功経験ない方専門の『ウェルネス習慣化コーチ』。スポーツ医科学分野では国内最高偏差値の筑波大学院博士前期課程を修了。クライアントの約8割が3ヶ月で3〜12kgのダイエットに成功し、そのほとんどがリバウンドせず体型をキープ・向上させている。無理のない習慣化の提案で厳しいトレーニングが苦手と諦めていた40代〜50代女性に好評。趣味は読書とカフェ巡り。

詳しいプロフィールはこちら

100年先まで理想の自分でいられる“習慣作り”の専門家

茨城県つくば市のパーソナルトレーナー川谷 響です。

ダイエットや筋トレを継続的にやろうとする際、絶対といっていいほど多くの方がやってしまいがちなミスがあります。

それは、モチベーション頼りにダイエットや筋トレをしてしまうということです。

『え、だってモチベーション大事じゃん』

と思われる方もいることでしょう。

確かに、ダイエットや筋トレを継続する上でモチベーションは重要な要素です。

ただし、モチベーションありきのスタンスでダイエットや筋トレに取り組んでしまうと、ほぼ確実に失敗します。

今回はダイエットや筋トレの継続をモチベーションに頼ってはいけない理由についてお話しします。

ダイエットや筋トレにモチベーションが役立たずな理由

なぜモチベーションが役立たずになってしまうか。

結論からいうと、

モチベーションは“感情”に起因するもの

だからです。

感情に起因するということは詰まるところ、あらゆる要因に影響を受けるということです。

特に女性はご経験ある方も多いのではないかと思うのですが、ダイエットを始めて最初の頃はモチベーションも高いし、

『よし!このままいけるぞ!』と思っていても、

  • 仕事で上手くいかなくて上司に怒られた
  • 生理前で気分が落ち込みやすくなった
  • 風邪を引いて体調を崩した

こうしたアクシデントが起きた際に、はじめに決めた意志が揺らいでしまった経験はないでしょうか?

このように、モチベーションは必ず浮き沈みがあります。

いくらその人のモチベーションが高くても、日を追うごとにその日の体調や気分、起きた出来事によって、

モチベーションはジェットコースターのように上下動します。

そんな曖昧なものに継続性が必要なダイエットや筋トレの舵を握らせるのは、非常なリスクを伴います。

また、モチベーションありきでダイエットや筋トレを進めてしまうと、それ自体を行うことにモチベーションを消耗するだけでなく、

本音ではやりたい他のこと(アイスを食べたい、家で寝てたいといったこと)よりもそれらの優先順位を上げるためにさらにモチベーションを使ってしまいます。

野菜を多く食べるようにしたり、ジムで筋トレしたりといったことは、簡単にモチベーションを高められるものではありませんから、

そうした誘惑にも勝って自分のためになる行動をしようとは、残念ながらなかなか思えないのが人間なのです。。。

まず行動!モチベーションは後からついてくる

ここまで、ダイエットや筋トレを継続するのにモチベーションが役に立たない理由をお伝えしました。

では、一体全体どうやったらモチベーションに頼らないでダイエットや筋トレを続けられるというのでしょうか?

この結論はあまりにシンプルで、とっぴよしもなく受け取られてしまうかもしれませんが、

まず行動する!

これが正解です。

『行動するのにもモチベーションは必要じゃないか!』

と怒られてしまいそうですが、実はそこが勘違いなんです。

心理学者のジェレミー・ディーンという方が書いた良い習慣・悪い習慣という著書で次のように述べています。

習慣的行動は無意識におこなわれるだけではない。感情から切り離されている。

(中略)

習慣的行動は不思議なほど無感情に行われる。

(参考:ジェレミー・ディーン/良い習慣・悪い習慣(2014)より)

例えばですが、皆さんは歯磨きをするのにモチベーションを高める必要はありますか?

『あぁ今日も歯磨きかよ〜マジめんどくせぇ〜どうしよっかな〜やろうかな〜さぼっちゃおうかな〜,,,』

と、グズグズ歯磨きをやらなかった経験はありますか?笑

おそらく歯磨きするのにこれだけグズっていたら、社会的に難ありのレベルですよね(汗)

そうです。要は習慣的に行っている行動に関しては感情はほぼいらないわけです。

皆自然と歯磨きしているし、自然と車で移動しているし、そこにモチベーションという概念はあまり関与していません。

なので、本当に小さなことでもいいから(ご飯を一口だけ分だけ残すとか、スクワットを1回だけやるとか)、まずは行動して、それを毎日続けてみましょう。

するとどうでしょう、だんだんと『私頑張ってるな。もっとやっちゃおうかな!』となって、自然とモチベーションが後からついてくるんです!

感情は先立って奮い立たせるものではなく、行動した結果後から背中を押してくれるものなのです。

ですから、ダイエットや筋トレをする際には、まずは出来るだけやるハードルを小さくして、行動できたことを評価して、

そこからどんどんモチベーションを上げていけばいいわけです。

この辺りに関しては、こちらの記事も是非読んでいただきたいです!

その"1回"が人生を変える!続く筋トレを実現するアホみたいに簡単な方法

その”1回”が人生を変える!続く筋トレを実現するアホみたいに簡単な方法

2020年3月12日

まとめ

以上のことをまとめますと、

ダイエットや筋トレをモチベーションありきでやってしまうと、感情に負けてほぼ確実に失敗してしまう

そうではなくて、小さな行動でいいから素早く始めて、後からモチベーションについてこさせるが成功の近道

ということです!

いかがでしたか?

この感覚が身につけば、あなたのダイエットや筋トレの継続は歯磨きレベルで簡単になります。

是非試してみてください(^^)

ご質問やご相談のある方は、LINE@からお気軽にメッセージください。

茨城県つくば市のパーソナルトレーナー川谷響のLINE@友達登録バナー

イベントやお得なキャンペーン・ブログでは書けない深イイ情報もお届けしていますので、是非友達になりましょう(^^)

参考文献

【ダメ絶対】ダイエットや筋トレの継続を"モチベーション"に頼るな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ダイエット成功経験ない方専門の『ウェルネス習慣化コーチ』。スポーツ医科学分野では国内最高偏差値の筑波大学院博士前期課程を修了。クライアントの約8割が3ヶ月で3〜12kgのダイエットに成功し、そのほとんどがリバウンドせず体型をキープ・向上させている。無理のない習慣化の提案で厳しいトレーニングが苦手と諦めていた40代〜50代女性に好評。趣味は読書とカフェ巡り。

詳しいプロフィールはこちら