ダイエットは運動よりも食事よりも思考が大事!

ABOUTこの記事をかいた人

ダイエット成功経験ない方専門の『ウェルネス習慣化コーチ』。スポーツ医科学分野では国内最高偏差値の筑波大学院博士前期課程を修了。クライアントの約8割が3ヶ月で3〜12kgのダイエットに成功し、そのほとんどがリバウンドせず体型をキープ・向上させている。無理のない習慣化の提案で厳しいトレーニングが苦手と諦めていた40代〜50代女性に好評。趣味は読書とカフェ巡り。

詳しいプロフィールはこちら

茨城県つくば市でパーソナルトレーナーをしている川谷 響です。

『パーソナルトレーニングと言ったらダイエット!』

という風に思われている方も多いのではないでしょうか?

某◯イザップさんの影響力がどれほど絶大かを痛感します(笑)

もちろん川谷もダイエットのご指導はさせていただいていますし、こうしてダイエットのブログも書いています。

ただしかし、ダイエット目的のクライアントに、ガンガンに筋トレをさせることはほぼありません。

なぜかというと、ダイエットにおいて重要なのは運動ではなく食事

もっというと、食事よりも思考が変わらない限りダイエットは成功しないからです。

全く同じパーソナルトレーニングを受けていても、結果が出る人と出ない人がいます。

これはトレーニングの内容が悪いわけではなく(言い訳ではありませんw)、クライアント自身の思考の部分が変わったかどうかがそのまま結果に現れるからです。

今回はダイエットは運動よりも食事よりも思考が大事ということについてお話ししたいと思います。

音声版もあります!

ダイエットには運動よりも食事が大事な理由

まず、ダイエットは運動よりも食事が重要という点についてお話しましょう。

ダイエットを始めようとする方の多くが、ランニングを始めたりジムに通い出したりと、いわゆる運動をしようとすると思います。

もちろん、運動することが悪いと言っているわけではありません。

ただ、ダイエット=体重を落とすというイメージで運動を行なっているとするならば、

おそらくあなたが望むような結果は得られないと考えられます。

ダイエットを成功させるための大原則

ダイエットを成功させる上で、大原則と言われているものがあります。

それは、消費カロリーと摂取カロリーの差です。

消費カロリー>摂取カロリーの関係になればそれだけ体は痩せますし、

消費カロリー<摂取カロリーの関係になればそれだけ体は太ります。

消費を増やすより摂取を抑える方が効率的

『運動をすれば消費カロリーが増えるからその分痩せるでしょ!』

多くの方はそう思われるでしょう。

それは確かに間違いではありません。

しかし、運動でどれだけ消費カロリーが増えるかご存知でしょうか?

例えば、体重60kgの人が30分のジョギングを行なった場合、180~210kcalの消費カロリーが見込めます。

これはおにぎり1.5個分から2個分くらいに相当します。

しかし、この全てのカロリーが脂肪として燃えているかというとそうではなく、だいたい50%、多くても60%程度のカロリーしか脂肪燃焼には回りません。

つまり、30分のジョギングで消費される脂肪のカロリーは半分近くの90~105kcal程度ということになります。

体脂肪を1kg減らすためには7200kcalの消費カロリーが必要になるので、30分のジョギングでそれを行おうと思ったら毎日走っても2ヶ月以上は確実にかかってしまいます。

体脂肪1kg落とすのにそれだけかかるんですから、2ヶ月で5kg痩せようと思ったら、その5倍以上は頑張らないと到底不可能ですよね。。。

じゃあ一方で、1日3食の食事で100kcal(おにぎり1個分)食べるのを控えるようにすれば、30分のジョギングの3倍、200kcal控えれば6倍摂取カロリーを抑えることができますよね!

普通に考えて、運動は1日に何回もできないですよね?

ましてや仕事が忙しい人ならやれても週に2〜3回だと思います。

でも食事は、1日3食取らない人でも必ず毎日とりますし、そこで摂取をコントロールする方が断然効率がいいですよね!

このことから考えても、ダイエットは運動を頑張るより食事が効率的だということが言えます。

ダイエットには食事よりも思考が大事な理由

さて、ダイエットには運動よりも食事が大事だということはわかっていただけたと思います。

でも実際、このことがわかっていても痩せられない人がたくさんいるのが現状です。

何故なのでしょうか?

ここにその人の考え方、つまり思考が大きく関わっています。

これまで川谷がパーソナルトレーニングでダイエットをサポートさせていただいた方の統計ですが、

これまでダイエットに何度も失敗している方には、以下のいずれかの傾向が見受けられます。

・思考のベクトルがずれている
・そもそも思考してない

決して悪口を言っているのではなく、客観的に見ての傾向ですので、詳しく説明します。

思考のベクトルがずれている

自分のクラアントにいた人を例に挙げると、

『食事は気をつけて、晩御飯はご飯を食べないようにしてます』

といっていながら、よく聞いてみるとその人はお酒が大好きで毎晩チューハイを飲んでいた人がいます(笑)

他にも、

・ご飯を抜く代わりにお菓子を食べる
・ケーキは控えるけどコーヒーに砂糖を必ず3本入れる
・野菜ジュース飲んでるから野菜は取らない(野菜ジュースは糖質たっぷりです)

といったように、端から見たら『いや、そこ気をつける前にこっちなんとかしようよ!』と突っ込みたくなるような思考をしている人は意外に多いです。

つまり、食事を気をつけているといっていながらダイエットできない人は、気をつける視点や考える視点がちょっと違うベクトルを向いてしまっているんです。

それでも自分では一生懸命気をつけているつもりなので、『こんなに頑張ってるのにどうして痩せないんだろう。。。』となってしまうわけです。

こういった思考の人は、自分の価値観や先入観だけでダイエットを考えるのではなく、客観的に自分のライフスタイルや食習慣を一度見つめ直す必要があります。

そもそも思考してない

どういうことかというと、自分が食べているものに意識が向いていないということです。

コンビニや食べ物を選ぶときに、特にどれにしようかと悩むわけでもなく、突発的に目についた菓子パンやホットスナックを知らず知らずのうちに買っている。

外食でメニューを選んだら、無意識に目についたサイドメニューを一緒に頼む。

こんな感じで、お腹が空いているかどうかに関わらず、感情的に食べてしまっている人もいます。

この状態では、いくら食べ過ぎがよくないと頭でわかっていても、考える前に感情で食べてしまうので、気付いたときには食べ過ぎてしまうわけです。

このように、どうやってもダイエットがうまくいかない人のほとんどは、思考の仕方が間違っているか、あるいは思考ができていないことが原因であると考えられます。

正しい思考ができればダイエットは必ず成功します!

今やテレビやネットの情報を見れば、数え切れないほどのダイエット方法が存在します。

その数は2万通り以上あるとも言われています。

中には『本当にこれで痩せるの?』と疑わしいものもたくさんありますが、どれが良いor悪いという判断基準ではあまり考えない方がいいです。

ダイエット方法において、その方法が科学的根拠に基づいているのであれば、ダイエットの効果はほぼ変わらないことが明らかになっています。
参考:ウィルパワーダイエット ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法ダイエットは運動よりも食事よりも思考が大事!より

科学的根拠がない場合だったとしても、世の中に出回ってる方法であるということは、それによって痩せた人が少なからずいるはずです。

つまり、方法それ自体が悪いということはあまりないと考えられます。

何が重要になるかと言えば、正しい思考を持ってそうした方法を実践できるかどうかです。

どんな方法を選ぶにせよ、そのやり方を素直に実践して、継続的に行うことができれば確実にダイエットは成功します。

でもそのためには、今の自分の現状や食生活を客観的に見て考えたり、その方法を自分の生活に落とし込める工夫をしたりするプロセスが必要になります。

そうして思考を働かせることができれば、やるべきことに目が向くようになり、自然とダイエットが上手く行くようになります!

まとめ

以上のことをまとめますと、

ダイエットに必要なのは運動よりも食事よりも思考を働かせること。

正しい思考を持ってダイエットに取り組めればどんな方法を選んでも成功できる。

これまで色々な方法を試したり、自己流でダイエットして上手くいかなかったという方は、思考を変える努力が必要かもしれません!

そのためのアドバイスが必要であれば、ぜひパーソナルトレーナーを頼っていただけたらと思います(^^)

ご質問やご相談のある方はLINE@からお気軽にメッセージください。

茨城県つくば市のパーソナルトレーナー川谷響のLINE@友達登録バナー

イベントやお得な情報もお届けしますので、是非友達になりましょう(^^)

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ダイエット成功経験ない方専門の『ウェルネス習慣化コーチ』。スポーツ医科学分野では国内最高偏差値の筑波大学院博士前期課程を修了。クライアントの約8割が3ヶ月で3〜12kgのダイエットに成功し、そのほとんどがリバウンドせず体型をキープ・向上させている。無理のない習慣化の提案で厳しいトレーニングが苦手と諦めていた40代〜50代女性に好評。趣味は読書とカフェ巡り。

詳しいプロフィールはこちら