基礎代謝を上げるのが体にいいとは限らない!?

基礎代謝を上げるのが体にいいとは限らない!?

ABOUTこの記事をかいた人

ダイエット成功経験ない方専門の『ウェルネス習慣化コーチ』。スポーツ医科学分野では国内最高偏差値の筑波大学院博士前期課程を修了。クライアントの約8割が3ヶ月で3〜12kgのダイエットに成功し、そのほとんどがリバウンドせず体型をキープ・向上させている。無理のない習慣化の提案で厳しいトレーニングが苦手と諦めていた40代〜50代女性に好評。趣味は読書とカフェ巡り。

詳しいプロフィールはこちら

茨城県つくば市でパーソナルトレーナーをしている川谷 響です。

近年のダイエットや健康作りの傾向としては、基礎代謝を上げるということが一つのキーワードになっている気がします。

『基礎代謝を上げて効率よく痩せましょう!』
『基礎代謝を上げて健康長寿を目指しましょう!』

自分も運動指導の際に、基礎代謝の話はよくします。

基礎代謝は年齢とともに低下することが言われています。
(参考:日本人の食事摂取基準 2005年度版/厚生労働省調べより)

なので、筋トレをして筋力をつけることが基礎代謝を上げる効果的な手段だと言われるようになったんだと思います。

これには実際、賛否両論の声がありますが(筋トレで基礎代謝は上がるという意見と、それほど上がらないという意見)、

それに関してはまた別の記事で取り上げたいと思います。

さて、基礎代謝を上げることが体にとっていいことだというイメージを持たれている方が多いと思いますが、

これは見方によってはそうでもないかもしれません。

つまり、基礎代謝を上げることが体にとって本当にいいとは限らないということです。

今回は基礎代謝を上げることが本当にいいことかどうかということについてお話ししたいと思います。

基礎代謝を上げると寿命が縮む!?

基礎代謝を上げることが必ずしも体にいいとは限らないという理由としては、基礎代謝が寿命に影響を与える可能性があるからです。

これは人間で明らかになっていることではないので、一概には言えないんですが、動物で見るとその理由がちょっとわかってきます。

基礎代謝の高いライオンは短命

基礎代謝を上げるのが体にいいとは限らない!?

動物の世界で、一般的に基礎代謝が他の動物と比べて高いのがライオンチーターといった肉食動物、

あとはネズミコウモリといった小動物です。

これらの動物は、狩で獲物を素早く捕らえたり、あるいは天敵から素早く逃げるために俊敏な動きができないといけません。

なので、心拍数やエネルギー消費量が他の動物と比べて高いわけです。

そして、こうした基礎代謝の高い動物に共通しているのが、寿命が短いということです。

野生のライオンの寿命は平均で10~14年、ネズミは1.5~3年くらいだと言われています。

基礎代謝が高いということは、車で例えればエンジンをたくさん食うレースカーということです。

動くために使われるエネルギーが多い分消耗も激しく、部品や車体もあまり長続きしない傾向にあります。

基礎代謝が低いカメやゾウは長寿

基礎代謝を上げるのが体にいいとは限らない!?

一方で、基礎代謝が低い動物はというとカメゾウといったゆっくりと動くような動物です。

ミドリガメやクサガメといった小型のカメの平均寿命は20〜30年、ウミガメやリクガメのような大型のカメだと30~50年は平均でも生きるそうです。

ちなみにギネス記録に乗っているカメの最高寿命は188歳だそうです(!)

ゾウはもっと長くて、平均で60~70年言われています。

このように、基礎代謝の低い動物の方が基礎代謝の高い動物に比べて長寿であることがわかります。

こちらの動物は、車で言えば燃費のいい軽トラといったところでしょうか。

ゆったりのんびり生きている分、消耗するエネルギーも少ないので、寿命も長く生きられるのだと考えられます。

基礎代謝を上げるのは本当にいいことなのか?

ここまで、基礎代謝と寿命の関係を動物に当てはめてお話ししましたが、これはあくまで動物に言えることなので、人間に当てはまるかどうかは正直なところわかりません。

でもこんな話をすると、

『お前トレーナーのくせして運動するなっていってんのか!?』

って怒られてしまいそうですね(笑)

全然そんなこと言いたいわけではありませんし、そもそもただ長生きすることがいいことだとも思っていません。

自分個人としては、基礎代謝は上げるべきだと思っています。

だから運動を教えています(じゃなきゃトレーナーやってませんしねw)。

自分として言いたいのは、

いい悪いじゃなくて、結局は”バランス”

だということです。

ライオンやネズミのように太く、短く生きるか?それともカメや象さんのように長く、細く生きるか?

そんな二者択一を迫るつもりもありません。

ただ、人生を健康的に楽しむためには、かっこよくて綺麗な体でいるためには、アクティブに体を動かせることも大切だし、立ち止まってゆったり過ごす余裕を持つことも大切だと思っています。

運動には基礎代謝を上げる以外にもたくさんいいことがありますし、運動だけが基礎代謝を上げるために重要なわけではありません。

基礎代謝を上げるためには脳や内臓器官の働きを高める必要があり、そのためには副交感神経を高めて体がリラックスできるようにすることも大切になってきます。

(自律神経に関する記事はこちらのブログでもご紹介しています)

『基礎代謝を上げるのが大事!』思って筋トレや運動をガンガンするのもいいですが、それと同時に体を休めたり、自分の好きなことをする時間を大切にしてのんびり過ごすこともしてほしいです。

そうじゃないと、なんのためにきついことしてトレーニングしてるのかわからなくなってしまいますからね。

結局なんのための運動なのか?何のために基礎代謝を上げたいのか?

健康的に人生を長くかつ活発に送るためには、基礎代謝にあまりとらわれないようにすることも大切かもしれませんね。

まとめ

以上のことをまとめますと、

基礎代謝を上げることは長生きするという観点で見るとマイナスになる可能性がある。

基礎代謝にとらわれ過ぎず、バランスよく運動を取り入れながらのんびり楽しむことも大切。

基礎代謝を上げるにも体を作るにも、基本は運動、栄養、そして休養です。

カメさんや象さんのようにゆったり日々を過ごすことも忘れず、アクティブに運動を楽しんでくださいね!

ご質問やご相談のある方はLINE@からお気軽にメッセージください。

茨城県つくば市のパーソナルトレーナー川谷響のLINE@友達登録バナー

イベントやお得な情報もお届けしますので、是非友達になりましょう(^^)

基礎代謝を上げるのが体にいいとは限らない!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ダイエット成功経験ない方専門の『ウェルネス習慣化コーチ』。スポーツ医科学分野では国内最高偏差値の筑波大学院博士前期課程を修了。クライアントの約8割が3ヶ月で3〜12kgのダイエットに成功し、そのほとんどがリバウンドせず体型をキープ・向上させている。無理のない習慣化の提案で厳しいトレーニングが苦手と諦めていた40代〜50代女性に好評。趣味は読書とカフェ巡り。

詳しいプロフィールはこちら